改正

必ず取っておきたい資格・免許と言えば、皆さん車の免許を最初に挙げられる方が多いですが、その車の免許、どんな種類があるかを全部把握していらっしゃるでしょうか。
最初に取ろうと考えるのは、大体原動機付自転車免許か普通自動車免許でしょう。
普通免許を取得したら、自然と原付と特殊小型の免許も付いてくるので、始めからそちらを取ろうという方が多いかもしれません。
では他の免許はどうでしょうか。
小型特殊、普通二輪、大型二輪、中型自動車、大型自動車、そして大型特殊自動車と数多くあります。
車種別以外に言えば、さらにけん引免許、普通二種免許と大型二種免許があります。
名前は全部知っている、という方は多いかもしれません。
しかしここ最近、道路交通法の改正が行なわれたという事をご存知でしょうか。

2007年の6月、法令改正が施行され、新たに中型自動車免許が新設されました。
それによって、今までの大型自動車免許も色々な面で決まりが変えられたのです。
「大型自動車」の基準は、車両総重量が8トン以上から11トン以上に、最大積載量が5トン以上から6.5トン以上に、乗車定員が11人以上から30人以上になりました。
大型免許取得試験の受験資格も、20歳以上で普通免許等を受けていた期間が2年以上だったのが、21歳以上で普通免許等を受けていた期間が3年以上ということに変わりました。

様々な基準改正の影響からか、この法令改正施行の初年度は、改正前の前年度と比較して、大型免許取得に成功した者の数が大幅に減少したそうです。
やはり最初に戸惑ってしまうのは無理はないでしょうが、次第に皆さん改正後の法令に慣れてくるだろうと思います。
大型免許取得は、大型自動車、大型特殊自動車、大型二輪車と色々種類がありますが、どれも普通のものとは様々な差異があり、それを運転する時も、その車体の大きさからの内輪差など、感覚が大分違うと言います。
車体の違いや運転操作に慣れるため、教習所などでしっかりとした練習を積んで、運転技術だけでなく、色々な精神面や事故処理の対処などに、ちゃんと自信を持てるようにして、大型免許取得をするようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。