自動車

いつかは自分の自動車が欲しい。
そう考えている方は、この車社会の日本で非常に多くいらっしゃるでしょう。
都会では電車等の交通網の整備が行き届いているため、かえって混雑しそうな自動車は乗らない、という方も多いかもしれません。
しかし、取っておいて損は無いのが自動車免許でしょう。
学生を卒業した後、ちょっとした時の身分証明証になりますし、旅行へ行った時など、いざという時に便利です。
何かの免許資格があるというのは、就職の際など何もないというよりは、強みになるでしょう。
特にそれが普通自動車だけでなく、大型自動車の免許であればなおさらです。

近年、法令の改正により、大型免許取得などに関する決まりが色々変わったりしましたが、それでも大型を取ろうという方は毎年多くいらっしゃるでしょう。
都会ではない地方や、交通整備があまり行き届いていないところだと、更に自動車免許は必要になってきます。
高校を卒業するとすぐ、休みを利用して大概の人が免許取得に向かう、という地方も時々聞かれます。
その後就く職業によっては、大型の自動車免許が必要になってくる可能性もあるので、時間に余裕があるうちに、大型免許取得もしておく、というのも一つの手であるかもしれません。

しかし大型自動車は、普通自動車の運転に大分手馴れているといっても、そうそう簡単に乗りこなせるものではありません。
普通自動車免許等を三年以上取得していられる方が大型自動車免許を受けられるのですが、大型は、普通の自動車と比べて、内輪差がかなり大きかったり、車体の大きさの違いからくる感覚の差異、エアブレーキ、死角の違いなど、様々な普通自動車との運転のずれが生じます。

2トンや4トンのトラックは、意外と普通自動車免許でも運転出来るということは実はあまり知られていませんが、免許証を持っているから大丈夫であると思わないで、運転の技術は、自分をあまり過信しすぎず、自動車教習所などでちゃんとした講義を受け、普通自動車免許や、大型免許取得を目指していくようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。