広島で大型免許取得

広島で大型免許取得

持っていたら便利な資格・免許といえば、最初に挙がる声の多くが、きっと自動車免許でしょう。
最近は原油高などで、ガソリンの値の変動が激しいので、車に乗られる方の数が減少傾向にあるといいますが、それは一部の話に限られるでしょう。

仕事柄絶対に必要となってくる方は多いですし、車の運転をしなくても、免許証を持っているというだけでちょっとした時の身分証明証代わりにもなり、便利です。


旅行に行った時などもレンタカーで自分の好きなように観光出来るので便利ですね。

いざという時、運転が出来るというのはメリットになるでしょう。


学生など、まとまった時間が取れる時期のうちに取得しておこうと考える方も多いでしょう。

しかし自動車免許には色々あるもので、普通免許を取った後、大型二輪やけん引免許、大型免許取得を目指される方も数多くいらっしゃいます。


大型免許の場合、普通自動車免許などを取得してから三年以上が必要で、21歳以上でなければならない、などの制限があります。


大型免許は、最近法令が改正され、中型免許と大型免許の決まり事が少しややこしく感じられます。

改正後一年目は、ある調査によれば大型免許取得者の数は大幅に減少したらしいですが、職業柄それを必要とする方は未だ数多く存在するでしょうし、これからも出てくるでしょう。

しかし全国各地に教習所や自動車学校は数多く存在するものの、大型免許取得に対応している所はその全てではありません。


地方に行くほど少なくなってしまうという傾向もあります。


例えば中国地方の広島だと、教習所・自動車学校自体4つしかありません。


大型免許取得に対応しているのは、その内半分と割合的には大きいですが、数的には2つと少ないと言えるでしょう。

住んでいる場所によっては通いにくいかもしれません。


そんな広島の方は、通学ではなく合宿形式で、数週間集中して頑張って免許取得を目指してみるのもいかもしれません。

このうち合宿に対応しているのは、1校です。通学に比べて合宿の方が、料金が安くなる場合も割と多いようです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県で大型免許取得

兵庫県で大型免許取得

世の中の様々な制限は、大体20歳を堺に解かれます。
禁煙、飲酒、他様々な責任など、20歳イコール成人、大人であると考えられます。
しかし18歳で制限が解かれるものが1つあります。
それは、運転免許を取得出来るということです。
もちろん、全ての免許が取得出来るわけではありません。
18歳になって、皆さん最初に取ろうと思われるのは、原動機付自転車免許か、普通自動車の免許であるでしょう。
18歳で取れなくても、大学に入学しての長期休暇など、学生で時間があるうちに、取ろうと思っている方が多いようです。
しかし例えば大型免許取得を目指そうと思った場合、21歳以上で、しかも普通自動車免許等を3年間より多く、受けていなければ取ることが出来ないのです。

近年法令の改正が施行されたので、中型免許と大型免許取得の詳細がよく分からず、迷っていらっしゃる方も結構多いようですが、じっくり考えて免許取得に挑むということは悪くないでしょう。
大型自動車は、普通免許でトラック等に乗った経験が無かったりすると、その車体の差異も大分ありますし、それから来る内輪差などの運転操作の違いなど、大きなずれを感じる方が多いので、しっかりと手順を踏んで、一つ一つ手馴れて覚えていくのが重要でしょう。
車体が大きくなるほど、色々なリスクもそれに伴い増えてくるものです。

免許を取得する際に、ほとんど誰もが利用するのが自動車学校や教習所ですが、ひとえに教習所といっても全国各地に数多く、その特性も様々存在しますので、自分の住んでいる地域、取得する免許、拘りたいところなどを考えて選ぶようにしましょう。
例えば兵庫県であると、サイトで探してみれば、16校の自動車学校があり、その中で大型免許取得できるのが4つ、大型特殊自動車も含めれば5つあります。
その中で、合宿で集中して数週間で取りたい、という方は、合宿出来る教習所が兵庫県には3つあります。

都道府県によると、数の大小のばらつきがけっこうあり、自分の住んでいる地域の周りには全然ない、という方がいらっしゃるかもしれません。
特に大型免許であるとその数も更に限られます。
なるべく自分の願う条件に叶うような所を頑張って探して、大型免許取得を目指すようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型免許取得の学校

自動車の免許を取得する時、大抵の人は自動車学校や教習所に通います。
自動車学校というのは、運転免許取得を目指す人に対して、道路交通法規や救命措置などの運転に関する知識や、実際に運転する技術を教え、身につけさせる施設のことをいいます。
教習所といえば、主に普通自動車の技能・学科教習や、技能検定などに対応して生徒の習得を目指しているところが多いですが、場所によっては、中型、大型免許取得を目指す人に対応した教習や検定を行なっていたりします。
まれには普通自動二輪車や、大型自動二輪車の、二輪車教習専門の自動車学校もあるようです。

教習所や自動車学校は、全国各地、それぞれ北海道から沖縄まで、250以上と、数多く存在します。
毎日通えるよう、自分の行っている大学までの送り迎えに対応しているような教習所もあれば、合宿方式に対応して、男子・女子寮やビジネスホテルを用意、時には観光名所まで連れて行ってくれるような自動車学校も存在します。
休憩所・食堂に一工夫こらしていたり、教官指名制、料金の割引などを設定したりと、それぞれの学校の個性・特性が出るように頑張っているようです。

先ほどの250以上の自動車学校のうち、大型免許取得に対応しているのは70校以上と割と多いですが、住んでいる地域によっては、自宅近くに無いという場合もあるでしょうし、合宿出来るところを選ばなければならないかもしれません。
ネットを使えるなら、全国各地の自動車学校の特性等を明記したサイトなども数多くあるので、それを利用して探してみるのもいいでしょう。

自動車学校といっても、その中でも様々あるようで、指定自動車教習所、届出自動車教習所、指定外自動車教習所の三種類があるようです。
免許センターで試験を受ける時、実技試験免除になるところとならないところなど、色々な差異があるようです。
大型免許取得を目指される方、ペーパードライバーなので練習がしたいという方など、それぞれの目的に合わせて、どの学校に行くか、しっかり調べて上手く活用するようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車

いつかは自分の自動車が欲しい。
そう考えている方は、この車社会の日本で非常に多くいらっしゃるでしょう。
都会では電車等の交通網の整備が行き届いているため、かえって混雑しそうな自動車は乗らない、という方も多いかもしれません。
しかし、取っておいて損は無いのが自動車免許でしょう。
学生を卒業した後、ちょっとした時の身分証明証になりますし、旅行へ行った時など、いざという時に便利です。
何かの免許資格があるというのは、就職の際など何もないというよりは、強みになるでしょう。
特にそれが普通自動車だけでなく、大型自動車の免許であればなおさらです。

近年、法令の改正により、大型免許取得などに関する決まりが色々変わったりしましたが、それでも大型を取ろうという方は毎年多くいらっしゃるでしょう。
都会ではない地方や、交通整備があまり行き届いていないところだと、更に自動車免許は必要になってきます。
高校を卒業するとすぐ、休みを利用して大概の人が免許取得に向かう、という地方も時々聞かれます。
その後就く職業によっては、大型の自動車免許が必要になってくる可能性もあるので、時間に余裕があるうちに、大型免許取得もしておく、というのも一つの手であるかもしれません。

しかし大型自動車は、普通自動車の運転に大分手馴れているといっても、そうそう簡単に乗りこなせるものではありません。
普通自動車免許等を三年以上取得していられる方が大型自動車免許を受けられるのですが、大型は、普通の自動車と比べて、内輪差がかなり大きかったり、車体の大きさの違いからくる感覚の差異、エアブレーキ、死角の違いなど、様々な普通自動車との運転のずれが生じます。

2トンや4トンのトラックは、意外と普通自動車免許でも運転出来るということは実はあまり知られていませんが、免許証を持っているから大丈夫であると思わないで、運転の技術は、自分をあまり過信しすぎず、自動車教習所などでちゃんとした講義を受け、普通自動車免許や、大型免許取得を目指していくようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真サイズ

車の免許が欲しいと思ったら、皆さん運転免許を取得するため、自宅から近い教習所に通ったり、もしくは合宿方式でどこか地方に行って数週間寮生活を頑張ったりして、多くの知識と運転技術を身につけます。
それはとても大変な作業で、色々神経を使ったり体力をすり減らしたり、多大なお金や時間がかかったりと、皆さん多くの努力を費やして頑張られます。
しかし教習所や自動車学校を無事卒業しても、本番はこれからなのです。
最終的な本試験の学科試験や適性検査試験は、皆さん地元の免許センターで受けなければなりません。
その際必要になってくる様々なものを、当日うっかり忘れてしまって試験を受けられなかった、という方が実は結構いらっしゃるのです。

教習所卒業の方に神経を使ってしまって、本番の方で気が抜けてうっかりしてしまう方がよく見受けられるようですね。
最初の普通自動車免許は始めてなので気をつけたが、その後の大型免許取得の際は、もう慣れているので大丈夫と思って、写真などの忘れ物をしてしまう、というケースもよく聞きます。
写真自体はちゃんと持っていっても、サイズを間違えてしまったという話もあります。

大型免許取得の場合、それが大型自動車でも、大型特殊でも、写真は無背景の、正面無帽で胸より上が写っている、撮影したのが6ヶ月以内のものが2枚必要、そして写真サイズは縦3.0センチ、横2.4センチのものです。
申請の際写真の他に必要なものは、大型免許取得の場合、免許証、印鑑、入所料金などです。


大型免許取得の試験場での流れは、第一種免許で、教習所などを卒業して技能試験は免除の場合、まず受付に行き、次に視力検査などの適性試験を受け、その次に写真撮影、で免許証交付となります。

試験を受けたその日に、結果が分かりその場で免許証を受け取れる、というのは便利で嬉しいところですね。

皆さん普通免許取得、大型免許取得や第二種免許やけん引免許取得など、様々な理由でそれに応じた様々な免許取得を目指していくと思われますが、その免許を受け取る最後の場所免許センターで、最後のミスが無いよう、写真サイズや枚数、印鑑や交付料など、忘れ物がないようしっかりとチェックして、気をつけて挑むようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改正

必ず取っておきたい資格・免許と言えば、皆さん車の免許を最初に挙げられる方が多いですが、その車の免許、どんな種類があるかを全部把握していらっしゃるでしょうか。
最初に取ろうと考えるのは、大体原動機付自転車免許か普通自動車免許でしょう。
普通免許を取得したら、自然と原付と特殊小型の免許も付いてくるので、始めからそちらを取ろうという方が多いかもしれません。
では他の免許はどうでしょうか。
小型特殊、普通二輪、大型二輪、中型自動車、大型自動車、そして大型特殊自動車と数多くあります。
車種別以外に言えば、さらにけん引免許、普通二種免許と大型二種免許があります。
名前は全部知っている、という方は多いかもしれません。
しかしここ最近、道路交通法の改正が行なわれたという事をご存知でしょうか。

2007年の6月、法令改正が施行され、新たに中型自動車免許が新設されました。
それによって、今までの大型自動車免許も色々な面で決まりが変えられたのです。
「大型自動車」の基準は、車両総重量が8トン以上から11トン以上に、最大積載量が5トン以上から6.5トン以上に、乗車定員が11人以上から30人以上になりました。
大型免許取得試験の受験資格も、20歳以上で普通免許等を受けていた期間が2年以上だったのが、21歳以上で普通免許等を受けていた期間が3年以上ということに変わりました。

様々な基準改正の影響からか、この法令改正施行の初年度は、改正前の前年度と比較して、大型免許取得に成功した者の数が大幅に減少したそうです。
やはり最初に戸惑ってしまうのは無理はないでしょうが、次第に皆さん改正後の法令に慣れてくるだろうと思います。
大型免許取得は、大型自動車、大型特殊自動車、大型二輪車と色々種類がありますが、どれも普通のものとは様々な差異があり、それを運転する時も、その車体の大きさからの内輪差など、感覚が大分違うと言います。
車体の違いや運転操作に慣れるため、教習所などでしっかりとした練習を積んで、運転技術だけでなく、色々な精神面や事故処理の対処などに、ちゃんと自信を持てるようにして、大型免許取得をするようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免許センター

免許センター

運転免許といえば、持てば車に乗れたり、ちょとした身分証明書にもなったりと色々便利ですが、免許を取得するまでが一苦労ですね。
車を手に入れるのにも保険や車代などお金がかかりますが、許証を取得するまでにも、免許発行代や受験代、教習所や自動車学校に行くならそのお金も必要です。
皆さんが大体最初に取る、普通自動車免許や原付免許などはまだ頑張って用意しようと思えますが、それを取った後、大型二輪や中型自動車、大型自動車やその二種など他にも必要になってきた時、また大きなお金を用意しなければならないとすると、正直言って大変だと思われるでしょう。
大型免許取得を目指される方の場合、教習所などに行かずに免許センターで試験を受けられる事も結構いらっしゃるようです。

免許センターとは、運転免許試験場とも言われますが、その名の通り、免許取得のための試験を受ける場所です。
自動車学校や教習所を卒業していても、最終的には学科試験と適性試験はこの、免許センターや運転免許試験場に行って受ける必要があります。
なので、何らかの免許を取られる方は、絶対に一度は足を運ばなければならない場所なのです。
免許センターの中には、ペーパードライバーの方などの練習のために、予約をすれば運転コースを開放してもらえる所もあるそうです。

さて、大型免許取得を目指される方の中には、教習所でかかる費用と時間を節約しようと、最初からぶっつけ本番で受験をされる方もいるという事ですが、それにはやはり、日頃4トントラックなどに乗る仕事をしていたりした方が良いようです。
トラックに乗った経験がなければやはり難しいというところでしょう。
普段から仕事がら乗っていらっしゃる方でも、大型免許取得するのに、免許センターで1回合格する、というのはかなり難しいようです。

最初から受かる事を考えずに、試験で何回も練習を積んで慣れようとしている方も見受けられます。
法令の改正後は、免許センター内のコースで仮免許に合格した後、一般道路で路上試験ということになるそうです。
大型免許取得には、様々なリスクが伴い、それに比例してやはり多くの知識としっかりした経験を積むことが必要なようですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型免許取得 大阪

大型免許取得 大阪
車の免許を取る時、皆さん自動車学校や教習所に行かれると思いますが、それを選ぶ基準というのは、お持ちでしょうか。
もちろんまず、自分が取ろうと思っている免許の車種に対応している教習所であるか、というのが第一でしょう。
その次は、どれくらいの金額で取得できるか、通いの場合は自宅からどれくらい近く、便利に通うことが出来るか、合宿で取りたい場合は、そこの寮はどんな条件が揃っているか、などそういったものでしょう。
皆さん初めての事を体験して、技術や知識などをなるべく短期間で取得していかなければならないので、それに体力を使って頑張る分、他では都合良くスムーズに、あるいは快適にしたいというのは当然の考えでしょう。
食堂は美味しいか、近くにコンビニはあるかなど、サブ的な要素は結構重要です。
しかし第一の重要要素、取りたい車種が大型免許の場合、まずそこで行ける自動車学校が限られてしまう事が多いです。

大型免許取得には、普通車との車体の違いから来る、運転操作の感覚のずれなど、色々と大変な面が多いといいます。
他にも様々な要素から、大型免許取得に対応している教習所は、やはり普通車対応の方と比べたら、大分減少してしまうようです。
例えば、大阪には自動車学校・教習所がおよそ40ぐらいありますが、その全てで大型免許取得が出来るわけではありません。

大型自動車を運転するには通常より大規模な敷地が必要になってくるでしょうし、中には普通自動車しか扱っていないところもあります。
大型二輪車免許には対応しているところも時折見られますが、大阪内で大型自動車免許となると、ほとんど教習所は限定されてしまいます。
大型免許取得には、そういった場所探しなどの困難さも出てくるようですね。

場所によっては、大阪以外の関西圏で探したり、合宿形式で取りたいならば、いっその事鳥取などの自動車学校まで、足を伸ばして、数週間旅行気分で頑張るのもいいかもしれません。
合宿は集中し易いということと、景色がよかったり観光名所があったりする場合、割と人気のようです。
学生さんなどで、まとまった長期休暇が取れる期間がある場合、合宿で大型免許取得を目指すのもいいかもしれません。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の大型免許取得

車の大型免許取得

大学に入って挑戦してみたくなるものと言えば、お酒などもそうですが、何より皆さん考えるのが車の免許取得でしょう。
将来の役に立つのは歴然としてますし、何かしらの資格を持っているということは少し強みにもなりますし、身分証としても便利です。
自由な時間をある程度持てる大学生のうちに、と考える方も多いようですね。
大体は車の免許と言えば皆さん普通免許の一種を取られると思いますが、その後は様々です。
取ったはいいけど車は買えず、そのままペーパードライバーになってしまったという方、車を取ったら次は大型バイクという方、そして大型自動車免許取得を目指すという方。

車というのは皆さんご存知のとおり色々種類があり、その免許にも様々な種類があります。
大型免許には、大型一種、大型二種、そしてけん引一種があります。
大型免許は、普通自動車免許などを取得して3年以上の、21歳以上の者が取得できます。
さらに普通免許取得後、大型免許取得の試験に合格すると、普通免許取得の際運転できる、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車に加え、新たに取った大型自動車だけでなく、中型自動車も運転することが出来ます。

そのため、大型免許取得するだけで中型も乗れるなら、中型免許は取らずに大型だけ取ろう、と考える方も結構多いようです。
運転出来る車の種類が多い方が就職活動をする際ちょっとでも有利になるかもしれないから、とか、車に関連する職業に就いているので、仕事をする際必要になってくるかもしれないから、その時に備えて取っておきたい、など人によって理由は様々です。
中型を取ってから大型免許取得を目指すやり方だと、その分時間とお金が余分にかかってしまう、というのも頷ける話です。

確かに車の免許を取るのは、決して安くはありません。
しかし大型免許取得に成功したからと言って、中型自動車に最初から楽々と乗れるわけではありません。
それぞれにはそれぞれの車の特徴があり、運転の仕方も微妙に異なってその感覚を掴むのに個々時間がかかるでしょう。
普通からいきなり大型へというのも、その差異が大きいと言われます。
一度中型で慣らしてから大型免許取得へ向かってみるのも一つの手であると言えるでしょう。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。